夏の冷え性対策!食べ物や飲み物を見直して改善するポイントとは?

スポンサーリンク




「夏なのに冷え性でつらい……」

こんなに暑いのに、冷え性

・だるい、
・疲れが取れない
・胃腸の調子が悪い


など、夏に体調不良を訴える女性は多いんですよね。

スポンサーリンク



夏の冷え性の原因は、エアコンによる冷えや
薄着の服装などがありますが、

食べ物、飲み物が原因になっている場合もあるんですよね。


……ということで、今回は、

夏の冷え性対策に
食べ物、飲み物を見直そう!


気を付けるべきポイントについて
ご紹介します♪



飲み物は常温か温かいものを飲む


夏 冷え性 対策


暑いと冷たい飲み物をついつい飲みたくなりますが、

冷え性対策には、夏でもできるだけ常温か、
温かい飲み物を飲むように心がけてくださいね。

暑いので、つい冷たい飲み物を
グイ~ッと飲みたくなってしまいますよね。

特に暑い日の冷えたビールは格別ですもんね。
やめられません(笑)……が、

内臓は冷たい飲みもので冷やされて
悲鳴を上げているかもしれません。

特に胃はダイレクトに冷たい物が入ってくるので、
ダメージも大きそうですよね。


胃腸など、お腹が冷えると、
血流が悪くなって、
便秘や下痢の原因になってしまいます。

消化機能も低下するので、
胃もたれや、消化不良の原因もなります。


確かに、私も暑いな~と
つい冷たいものを飲んでしまうのですが、

それが続くと胃がどんよりと
重~い感じになってしまいます。

きっと胃が冷やされて疲れているんですね。

そういう時は、できるだけ常温の麦茶を飲んだり、

レンジでチンして少し温めたりするなど、
冷たい飲み物を続けないように気をつけています。

少し意識するだけで、胃の調子もよくなりますよ。

スポンサーリンク


食事にスープやみそ汁など温かいものを1品摂る


食事の時には、できるだけスープやみそ汁など、
温かいものを1品摂るのも

冷え性対策には効果的です。


トマト、ナス、キュウリ、ゴーヤなどは、
代表的な夏野菜ですが、

夏野菜は、体を冷やす効果があるので、
冷え性を改善したい場合は、
夏野菜を摂り過ぎないように気を付けてくださいね。


他にも、暑いと口当たりのいい冷や奴やそうめんなど
冷たいものをよく食べてしまいがちです。

お風呂上がりのアイスクリームもとても美味しいですよね~。

でも、これも身体が冷える原因になっています。


夏なのに冷え性で困っている場合は、

体を冷やす原因になっている食べ物を
頻繁に食べていないかな?と、

食生活を見直してみてください。


もちろん、体を温める効果のある食材を
積極的に摂るのもおすすめですよ。


しょうが、にんにく、唐辛子などの香辛料や、
みそ、納豆などの発酵食品は、
体を温める効果の高い食材です。


それじゃ、にんにくや唐辛子がたっぷりの
スタミナ料理を食べると、

「体も温まるし、夏バテ対策にもなっていいよね!」

……と思ってしまいますが、
それはちょっと待ってくださいね!

スタミナ料理というと、
焼き肉やホルモンなど、お肉がメインの
ちょっとヘビーな料理が多いですよね。

それに、にんにくや唐辛子は
体が温まっていい反面、

胃腸にはけっこう負担が大きいです。


冷え性で胃腸の調子がいまいちだな……という時は、
スタミナ料理、香辛料などは
控えめにしておいた方がよさそうです。



最後に


今回は、夏の冷え性対策に
食べ物、飲み物を見直そう!
ということで、

どういうことに気をつければいいか、
そのポイントについてご紹介しました。


夏なのに冷え性で調子が悪いという時は、

冷たい飲み物、食べ物を少し控えるように意識して、
温かいもの摂って冷え性を改善するように
心がけてみてください。


参考になれば幸いです。



スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ