ヒートショックプロテインとは?この入浴法が効果的!

スポンサーリンク



「ヒートショックプロテインって何?」

先日、あるテレビ番組を観ていたら、
ヒートショックプロテインという、
何やら気になることばが……

スポンサーリンク


そのテレビ番組で、
全国の美肌ナンバーワンの県に選ばれたのが島根県。

その島根県の女性が普段からしている生活習慣が、
ヒートショックプロテインを増やしていると言うんです。


確かに、テレビに映った島根県の女性は
肌がキレイな人ばっかり。

80歳を超えるおばあちゃんの肌も
なんだかツヤツヤしていてキレイ!

80歳の肌には見えませんでした。


そして、ヒートショックプロテインを増やすことが、
美肌につながり、

アンチエイジングにも効果があるという、
40代主婦にはなんとも気になる話。

これは、私のママ友達もきっと気になるはず!

……ということで、

今回は、

・ヒートショックプロテインとは何?
・どうやったら増やすことができるの?


この2つについてまとめてみました。

「美肌になりた~い!」という
アラフォー、アラフィフ主婦は必見です!


ヒートショックプロテインとは何?


ヒートショックプロテイン(HSP)は
簡単に言うと、タンパク質の一種で、

傷ついた細胞を修復してくれるという、
なんともすごい力を持つタンパク質なんです。


他にも、免疫力アップ効果もあるのですが、

女性に一番嬉しい効果が、
コラーゲンが減少していくのを抑える働き。

これですね!

コラーゲンを補うというサプリやドリンク、
化粧品など、様々な商品が発売されていて、
中にはとても高価な物もありますよね。

ただ、コラーゲンを食品やサプリで摂ることが、
「効果があるvs効果がない」に
専門家でも意見が分かれているのが現状なんです。


そんな中、ヒートショックプロテインが、
コラーゲンが減少するのを抑えてくれるなら、
これに越したことはないですよね!


ヒートショックプロテインを増やすことで、
コラーゲンの減少が抑えられるなら、
ぜひとも増やしたい!

そう思いませんか?


実は、ヒートショックプロテインは、
入浴することで増やすことができるんです。


じゃあ、毎日お風呂に入ってるし、それでいいの?


いえいえ。

ヒートショックプロテインを増やす入浴法には
いくつかポイントがあるので、

次は、そのポイントをご紹介します。

スポンサーリンク


ヒートショックプロテインを増やす入浴法とは?


ヒートショックプロティンは、

「ヒート(=熱)ショック(=ストレス)」

その名の通り、熱によるストレスによって作られます。


テレビでは、

42℃のお風呂に10分以上入ることで
ヒートショックプロテインは増える


と言っていました。

う~ん……
これだとちょっとざっくりした説明ですね^^;


テレビで取材されていた島根県の女性は、
週に2回ほど、温泉につかるという人がほとんど。

近くに美肌の湯で有名な玉造温泉があるのも
温泉によく行く理由らしいのですが、

温泉によく行き、湯船にゆっくりつかるという習慣が、

ヒートショックプロテインを増やし、
美肌になる秘訣だったんですね!



このヒートショックプロテインを増やす入浴法は、
愛知医科大学の伊藤要子准教授が提唱されていて、

調べてみると、きちんとしたやり方がありました。


ヒートショックプロテインを増やす入浴方法


ヒートショックプロテインとは 増やし方




それでは、具体的な入浴方法をご紹介します。

・舌の下で体温が測れる体温計を用意する。

・入浴前、入浴後には500mlを目安に必ず水分を補給する。

・40℃で20分、41℃で15分、42℃で10分、湯船につかり、
 体温が38℃以上になるよう温める。
 (体温を計りながらつかる)

・入浴後はバスタオルなどで体を包んで、
 10~15分間安静に保温する。

・保温した後は、自然に体温を戻して、
 水分補給する(冷たい飲み物はダメ)


お風呂のフタを首の辺りまで閉めると
お湯の温度が下がりにくく効果的。

入浴剤を使うと、体温が上がりやすいのでさらに効果的です。



増えたヒートショックプロテインは
1週間ほど効果があるのですが、
効果がピークになるのは2日後と言われているので、

この入浴法を週2回行うと、
効果が継続することになります。

ただ、ずっと続けていると、
体温が上がりにくいなど
効果が薄れてくることもあるので、

そういう時は、1~2週間ほどお休みしてください。


ヒートショックプロテインは、
体温が38℃以上になると作られるので、

この入浴法なら、自宅でも簡単に
ヒートショックプロテインを増やすことができますね。


ただ、個人的にちょっと面倒だな~と感じたのが、
体温を計りながらお風呂に入ること。

濡れた手で電子体温計を持つこともあるし、
うっかり湯船に落としたりしたらイヤですよね。

水銀体温計だと濡れても大丈夫ですが、
落として割れたりする危険性もあるし……

と思っていたら、
Amazonで防水の舌下で計れる電子体温計がありました!
 ↓ ↓ ↓
オムロン 電子体温計 【わき・口中用】【口内】 けんおんくんMC-171W


この入浴法は体力をけっこう消耗するので、
風邪をひいていたり、
体調が悪いときには避けてください。

持病がある人は主治医に相談してくださいね。



最後に


今回は、

・ヒートショックプロテインとは何?
・どうやったら増やすことができるの?


についてご紹介しましたが、いかがでしたか?


ヒートショックプロテインは
コラーゲンの減少を抑えるだけでなく、

免疫力を上げる効果や、
精神的にも元気になる効果もあるということで、

ガンがうつの治療などにも取り入れられている、
医学の世界でも注目のプロテインなんです。


美肌やアンチエイジングはもちろん、
ヒートショックプロテインを増やすことで、

「心も体も元気!おまけに肌もキレイ♪」

になれるといいですね!


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ