紅茶のカフェイン含有量はコーヒーより多い?妊婦はどっちを選ぶべき?

スポンサーリンク


紅茶はコーヒーよりもカフェインが多いから、
妊婦紅茶に気を付けた方がいいんだよ!

先日、友達にこう教えられました。
(私は妊婦ではありませんが^^;)

スポンサーリンク


コーヒー=カフェインのイメージが強いですが、
紅茶の方がカフェインの含有量が多いってホントなの?!


疑問に思ったので、
紅茶とコーヒーのカフェインについて調べてみましたよ!


一杯に含まれるカフェインの含有量で比較すると


紅茶 カフェイン コーヒー


紅茶の茶葉、コーヒー豆に含まれるカフェインの量は、

紅茶の方がコーヒーよりも3倍ほど多い
と言われています。

紅茶、コーヒーの抽出方法や品種によっても、
含まれるカフェインの量は異なるので、
厳密に比べることはできませんが、

「紅茶の方が、コーヒーよりもカフェインが多い」
というのは事実です。


「ほら、やっぱり紅茶の方がコーヒーよりも
カフェインが多いでしょ!」

いやいや、ちょっと待ってください!


同じ量の紅茶の茶葉と、コーヒー豆を比べると、
紅茶の方がカフェインが多いのは
間違いではないのですが、

紅茶1杯に使う茶葉と、
コーヒー1杯に使うコーヒー豆の量は

紅茶→2~3グラム
コーヒー→10~12グラム



つまり、1杯(約150cc)に使う
茶葉とコーヒー豆の量を比べると、
コーヒーの方が5倍ほど量が多くなります。

……ということで、

それぞれ1杯に含まれるカフェインの量は

紅茶→約50mg

コーヒー(ドリップ式)→約100mg


コーヒー1杯の方が、紅茶1杯よりも
2倍ほどカフェインの量が多いんです!


カフェインの含有量を気にされる方は、
この違いをしっかり覚えておいてくださいね。

スポンサーリンク


妊婦はどっちを選ぶべき?


妊娠すると、カフェインには
気を付けた方がいいと言われますよね。



妊娠中はカフェインを摂ったらダメかというと、
絶対ダメというわけではありません。

ただ、大量摂取は、胎児の低体重や、
流産や早産に影響があると言われている
ので、
やはり1日に摂る量は気を付けた方がいいですね。

1日にどれくらいならよいかというのは、
明確に何mgとされていないのですが、

だいたい、
カフェイン200mg~300mg程度までなら
影響はないとされています。


つまり、紅茶なら1日4~5杯程度、
コーヒーなら2~3杯程度は飲んでもOKということです。


妊婦さんで、
「1日にできるだけ何杯も飲みたい」という人は、
紅茶を選んだ方がいいですね。



私はコーヒーが大好きで、
普段から1日に4~5杯は飲んでいました。

妊娠してから
「妊娠中はカフェインの摂りすぎに気を付けるように」
と妊婦向けの本などで知ったので、

「全く飲まない方がいいのかなぁ……」
と心配になったんですよね。

やっぱり赤ちゃんに何かあるといけないので。


でも、元々コーヒーが大好きだったので、
全くやめてしまおうと思うと、
かえってどうしても飲みたくなってしまって(笑)

逆にストレスが溜まってしまいました^^;


そこで、産婦人科の先生に聞いてみたところ、

「コーヒーは1日2、3杯なら大丈夫ですよ」とのこと。

濃い目のドリップ式や、エスプレッソなどではなく、
普通のインスタントコーヒーなら

それほどカフェインは含まれないので大丈夫だと
先生に教えてもらいました。


でも、やっぱり少し気にはなったので、
妊娠前よりは少し薄めのコーヒーにしたり、

半分牛乳を入れてカフェオレにしたりして
1日3杯ほど飲んでいました。

カフェインの量は妊娠前よりも少なくなっていたので
あまり説得力はないかもしれませんが、

胎児には特に影響はなく、
元気な赤ちゃんが生まれました。



まとめ


今回は、紅茶とコーヒーのカフェインの含有量、
妊婦はどっちを選ぶべき?についてご紹介しました。


カフェインにはリラックス効果もあると言われているので、
「飲んじゃダメ!」と我慢しすぎて、
かえってストレスを溜めるよりは、

紅茶やコーヒーを適度に取り入れて、
上手にリラックスできたほうが
長い妊婦生活には精神的なメリットがありそうです。



参考になれば幸いです♪
デング熱対策の虫除けスプレー!子供を守る効果的な塗り方は?

【この記事もいかがですか?】
 ↓ ↓ ↓
コーヒーの効果と時間!カフェインを上手にとるにはいつがいい?
赤ちゃんの蚊対策!電子蚊取り器は安全なの?
デング熱対策の虫除けスプレー!子供を守る効果的な塗り方は?


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ