光線過敏症の日光蕁麻疹はコレに気を付けて!原因と対策は?

スポンサーリンク


「なんだろう、このかゆみ……」

腕や胸の辺りに赤いブツブツした湿疹ができて、
だんだん我慢できないほどのかゆみに……。

その症状は、光線過敏症のひとつ
日光蕁麻疹(にっこうじんましん)
かもしれません。

スポンサーリンク


日差しが強くなる5月~8月。

急にそのようなかゆみや湿疹などのアレルギー症状
出てしまう人がいるんです。

そこで今回は日光蕁麻疹の原因と対策
気を付けることなどをご紹介します。


原因は?


光線過敏症のひとつである日光蕁麻疹。

その原因は、
日光や紫外線が原因で起こるアレルギー反応
です。

日光を浴びて蕁麻疹が出るということは、
残念ながら紫外線アレルギーを
発症してしまったということなんです。



美白の大敵と思われがちなメラニンには
紫外線を吸収してくれる働きがあります。

冬は紫外線の量が少なくなり、
メラニンの生成量が減るのですが、

メラニンが減った状態のまま
急に強い紫外線を浴びると、


メラニンで吸収しきれなかった紫外線が
皮膚内部でタンパク質と結びつき、

それが原因でアレルギー反応
引き起こしてしまうんです。

それで、紫外線が強くなる時期に
日光蕁麻疹を発症する人が増えるんですね。



どんな症状が出るの?


日光蕁麻疹でよく見られる症状としては、

  • かゆみ(我慢できないほどのかゆみの場合も)
  • 赤いブツブツした湿疹
  • 腫れ上がる
  • 水ぶくれ

軽い症状なら、放っておいてもそのうちに
症状が収まってしまうこともあります。


ただ、症状がなかなかおさまらない、
だんだん悪化してきたかも……と思ったら、
すぐに皮膚科を受診してくださいね!



他にも
頭痛、発熱、吐き気、腹痛
などが起こる場合もあります。

その時の体調などによっては、
アレルギーに対する

アナフィラキシーショック
を起こすこともあるので、
気を付けてください。

もしもアナフィラキシーショックを起こしたら、
すぐに救急車を呼んでくださいね。



日光蕁麻疹はどこに出やすい?


光線過敏症 日光蕁麻疹 原因



日光蕁麻疹は、
普段あまり紫外線に当たらない部分
症状が出ることが多いです。

  • 二の腕
  • ひじの内側

このような部分に赤い湿疹が
出たりすることが多いです。

サンダルを履いていて日に当たり、
足首や足の甲に蕁麻疹が出たり……
ということもあるようです。

暑くなってきて肌の露出が多くなると、
どうしても、冬場全く日に当たっていなかった部分に
紫外線を浴びてしまいますよね。

そういう部分は要注意ですよ。

スポンサーリンク


日光蕁麻疹の対策はコレに気を付けて!


まず、
日光蕁麻疹を発症させないようにするためには、

急に強い日差しに当たらない!

コレに急に気を付けてください!


紫外線アレルギーは花粉症と同じで、
一度発症すると完全に治すことはできません。

急に強い日差しに当たらないようにして、
発症するリスクをなるべく減らすように
心がけてくださいね。


海で急に強い紫外線に当たってしまい、

背中や胸、手足など、
広範囲に日光蕁麻疹が出てしまって
病院に駆け込んだ

……という例もあるそうです。


紫外線アレルギーが出る前の対策としては、

紫外線の弱い季節や、
朝夕の紫外線の少ない時に
徐々に紫外線に慣らしていくことも大切です。

あとは
日焼け止めを塗ることです。

日頃から日焼け止めで紫外線対策をしていると、
ある程度、発症リスクを減らすことができますね。


もしも紫外線アレルギーになってしまった時は、

・日焼け止め
・日傘
・UVカットの長袖服
・ストール
・アームカバー
・帽子、サンバイザー

などで、頑張って防御してください。

100%完全遮光のグッズが
かなり豊富に揃っている、
こちらのショップはおすすめですよ。
 ↓ ↓ ↓
★楽天市場★芦屋ロサブラン


最近はユニクロやベルメゾンでも
UVカットパーカーなどが
お手頃な価格で手に入りますね。


少し日に当たると
日光蕁麻疹が出るという私の友達は、

半袖の時期、
外に出る時は必ず日焼け止めを塗った上で、
アームカバーをして防御していました。

あと、首にはストールを巻いていましたよ。

暑い時期なので、サラッとした
汗を吸うガーゼコットン素材のストールを
愛用しているようでした。

肌の露出をできるだけ減らすように
対策していたんですね。



最後に


日光蕁麻疹はアレルギー症状なので、
花粉症と同じで、
急に発症してしまうものなのですが、

できるだけリスクを減らせるように、

・急に強い紫外線に当たらない
・紫外線が少ない時期から徐々に慣らす
・日頃から日焼け止めなどで紫外線対策をする


これらのことに
ぜひ気を付けてみてくださいね!


スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ