ブルーライトの影響、うちの子供は大丈夫?スマホアプリで解決しよう!

スポンサーリンク


最近はスマホが主流になっているので、
初めての携帯で、小学生からいきなりスマホを持たせた
というご家庭も多いですよね。

わが家は息子が中学生になるタイミングで、
ガラケーからスマホに替えたのですが、

スマホを使い出すと、
もう、ずーっとスマホばっかり。

ゲームにLINEに……と、気付いたら
ず~~っとスマホの画面を見ている状態。

おいおい、やり過ぎですって(-_-;)

スポンサーリンク



子供がスマホなどを使い始めると、
気になってくるのが、
デジタル機器の画面から出ているという

「ブルーライト」のこと。


嵐の櫻井くんも
JINS PCメガネのCMで

「パソコン、スマホ1時間。
そんなのムリムリ!」

って言ってますけど、


「やっぱり目に悪いのかなぁ……。」
「何か影響ないのかな?」

って心配になりますよね。


でも、ブルーライトがどう悪いのか、
子供にどんな影響があるのか

「実はいまいち分からない~」
状態だったりしませんか?


ブルーライトが子供に与える影響と
その対策についてまとめてみましたよ。



ブルーライトとはなんぞや?何が悪いの?


そもそも、
ブルーライトって何?って聞かれると、
なかなか説明できないですよね。

小難しい説明は抜きにして……

ブルーライトは、
スマホやパソコンのディスプレイから
出ている青い光のことなんです。



太陽光やLEDライトにも含まれるので、
全く浴びないようにする
……というのは、物理的にムリなんですね。


このブルーライト、何が悪いのかというと、

紫外線の次に強いエネルギーを持つ光なので、
目が疲れたり、痛くなったりする
直接的なダメージの原因になります。



それと、もうひとつ気になるのが、
睡眠への影響です。


メラトニンという眠気を誘う
睡眠ホルモンのひとつがあるのですが、

ブルーライトを長時間浴びていると、
このメラトニンが分泌されにくくなるんです。

そのために寝付きが悪くなったり、
体内時計が狂ってしまうこともあるんですね。

寝る前の2時間くらいは、
なるべくスマホやパソコンをしない方がいい
というのは、

メラトニンの分泌が抑制されて、
睡眠に影響を与えるから
という理由なんですね。



スマホアプリで対策しよう


スマホやパソコンのブルーライトが
子供の目や睡眠に
悪い影響を与えるのは分かったけど、

「じゃあ、ブルーライトをカットするために、
子供にPC用のメガネをかけさせたらいいの?」

そう思いますよね。

でも、ちょっと待ってください!

子供にメガネをかけさせるのって、
けっこう難しくないですか?


子供がスマホを使う度に
「メガネしなさ~い!」
と声をかけないといけないのは、

度重なるとなかなか面倒です


親が言わなくても、
自分から忘れずにかけてくれる子なんて、
なかなかいないですし^^;

中学生くらいになってくると(特に男子は)
「分かってる!」と言い返されるのがオチです。


それにメガネは、
外出先に持って行くのも忘れそうだし、

持って行ったら
どこかに忘れてしまいそうという心配も。


うちの息子は普段メガネなのですが、
PC用にするなら、
それも度付きのメガネにしないといけないし、

多分いちいちかけ替えるなんてこと
してくれそうにありません。


スマホ用のブルーライトカット保護フィルムも
ありますが、貼るのが面倒だし。


そこで、スマホのアプリ
対策できないものかと探してみると、

「ブルーライト軽減フィルター」という

スマホアプリがあったんですが、
これがなかなかいいんです。

※iPhone、Android両方に対応しています。

スポンサーリンク



スマホアプリ「ブルーライト軽減フィルター」


「ブルーライト軽減フィルター」を使うと、
スマホの画面に薄い色のフィルターをかけてくれるので、

ブルーライトをカットすることができるんです。

スマホのアプリを使えば、
子供にメガネをかけさせることなく、
ブルーライトをカットできますよ。


試しにフィルターなしとフィルターありの
スマホのスクリーンショットを載せてみました。

ブルーライトカット アプリ
右の画像で、ブルーライトカット率50%です。
白い部分の見え方が違いますよね。


最初のうちは茶色い画面だな~と思うのですが、
慣れてくると全然気にならなくなります。

……で、たまにフィルターを付けない画面にすると、

「うわっ!まぶしい!」

っていうくらいになるので、
ちゃんとブルーライトをカットされてるな~
というのが分かりますよ。


このアプリは無料で使えますが、
一定期間が過ぎると、画面に

「ブルーライト軽減フィルター」という
表示が出るようになるんです。

表示はオプションから
消すことができるようなのですが、

アプリが使いやすかったのと、
このアプリのおかげで、
私の目の疲れがかなりマシになったので、

自分と息子のスマホに
有料版を購入してしまいました。


有料版と言っても99円なので
おサイフにも優しいですよね。


使い方も簡単なので、
最初は無料版でぜひ試してみてくださいね!



まとめ


子供は、きっとこれからますます
スマホやパソコンを使う生活に
なっていきますよね。

子供の目は大人に比べて柔軟性があって
疲れたとか痛いという症状は出にくいそうですが、

それでも、1時間以上画面をジッと見続けるのは、
あまりいいことではありません。

子供は自覚がないだけで、
実際は負担がかかっているかも……ですし。


スマホのブルーライト対策はもちろん、

子供がスマホやパソコンを
ずっとやり続けないように
気を付けていくことも大切です。


画面からできるだけ目を離したり、
1時間使用したら15分休憩するなど、

子供が目を休めるように
親が気を付けていかないといけないですね。


スマホアプリを上手に使って、
子供の大切な目を守っていきたいものです。



スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ