冷蔵庫の処分方法!引っ越しで買い替える場合いつ処分する?費用の相場は?

スポンサーリンク


今度、新居に引っ越しするので、冷蔵庫もこのタイミングで買い替える予定なんだよね。
でも、古い冷蔵庫の処分はどうすればいいのかな?
先に処分してから引っ越す?それとも古い冷蔵庫を新居に運んでもらう方がいいの?家電リサイクル法とかいうのがあるみたいだし、なんだかややこしそう…


引っ越しを機に冷蔵庫を買い替えたいので、古い冷蔵庫を処分しようとすると、

  • どうやって処分すればいいの?
  • どのタイミングで処分するのがベスト?
  • 処分費用はいくらくらいかかるの?
  • もしかして無料で処分する方法があったりする?


  • などなど、いろいろ疑問が出てきますよね。

    家電リサイクル法ができて、冷蔵庫は無料で廃棄処分することができなくなりました。この家電リサイクル法がからむので、冷蔵庫の処分がちょっと分かりづらくなってるんですよね。

    それに、引っ越しのタイミングでの処分は、ちょっと気を付けた方がいいこともあるんです。

    そこで今回は、冷蔵庫の処分方法と、引っ越しの際に気を付けたいポイントも併せてご紹介します。

    ぜひ続きをご覧ください♪

    スポンサーリンク


    冷蔵庫を処分する方法


    冷蔵庫は家電リサイクル法の対象になる家電4品目(エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機)のひとつなので、決まったやりかたに沿って処分しないといけません。

    まずは、基本的な処分の仕方を簡単に説明しますね。



    電気店に依頼する

    新しく買い替える場合は、購入する電気店に依頼できます。処分するだけの場合、購入した店に引き取りの義務があるので、引き取りを依頼できます。(購入した店が分かる場合で近くにあるとき)

    【必要なもの】
    リサイクル料金(電気店に現金で支払う)+運搬費

    ※以前購入した電気店まで自分で運ぶ場合は、運搬費が不要になりますが、持ち込みが可能かどうかは、電気店に確認してください。持ち込みの場合もリサイクル料以外に500円~1000円程度の費用が必要になる場合もあるので、費用は全部でいくらになるか、しっかり確認してください。

    ※処分するだけの場合で、以前購入した電気店に依頼できないときは、近くの電気店で引き取りしてもらえることがあります。近くの家電量販店などに問い合わせてみましょう。


    指定引取場所へ持ち込む

    自治体のHPなどに、自分で持ち込むことができる指定引取場所が載っています。自治体から配布されるゴミの捨て方が載ったガイドブックなどにも記載されています。もし分からない場合は、自治体の清掃局等に問い合わせてください。

    【必要なもの】
    リサイクル料金(郵便局で事前に振り込む)※運搬費は自分で運ぶので不要
    軽トラックや大きめの車など

    一般廃棄物収集運搬許可事業者に取りにきてもらう

    電気店に引き取りを依頼できない、また自分で冷蔵庫を運べない場合は、一般廃棄物収集運搬許可事業者に連絡すると引き取りに来てもらえます。

    【必要なもの】
    リサイクル料金+運搬費

    ※業者に依頼する場合、リサイクル料金の支払い方法は業者によって対応が異なります。当日に現金支払いなのか、事前に郵便局で振り込むのかを、前もってに業者に確認してください。



    どの方法でも、リサイクル料金はかならず必要になります。

    リサイクル料金は、製造メーカーと冷蔵庫のサイズによって設定が異なるのですが、どの方法で処分しても基本的に同じ料金です。

    リサイクル料金は「家電リサイクル券センター」のHPで確認できます。

    運搬費は、処分の方法によってはいらないこともあります。少しでも安く処分したい場合は、自分で運ぶと安く済ませることができますね。

    ただ、冷蔵庫を運ぶには軽トラックや大きめの車などが必要になってきます。重さもあるので、素人が運ぶのはなかなか大変です。

    不安な場合は、やはり電気店などの業者に頼むのが安心ですね。

    スポンサーリンク


    引っ越しのタイミングで買い替えるときは?


    第1章では、冷蔵庫の基本の処分方法を説明しました。

    次は引っ越しのタイミングで冷蔵庫を買い替える場合ですが、処分するタイミングによって、費用が変わってくるので要注意です。

    それでは、引っ越しの場合の処分方法について詳しく説明しますね。



    冷蔵庫を新しく購入する電気店に依頼する。


    この方法は電気店に全てお任せできるので、一番ラクな方法です。

    リサイクル料金と運搬費が必要になりますが、運搬費は新規購入の場合は安く設定されていることが多いです。(ヤマダ電機 1080円、ヨドバシカメラ 540円など)

    新しい冷蔵庫と引き換えに古い冷蔵庫を持って持って帰ってくれるので、自分では何もしなくていいのでラクチンです。

    ただ、同じ日に同一住所での引き取りが基本になるので、古い冷蔵庫を引っ越し前の住所に取りに来て欲しい場合や、新品の納品とは違う日に引取を依頼すると、運搬費が割増になります。

    あと、運び出す場所が2階以上の場合なども追加料金が必要になることがあります。

    新しい冷蔵庫を買うので…ということで、運搬費は規定の料金がかかるだけだと思っていたら、2階から運び出してもらって「あとで追加料金を請求された…」とならないようにしたいですよね。

    実際にそういうトラブルはあるようなので、トラブルを避けるために、処分したい冷蔵庫がどこにあるかなどを事前に店員に説明し、運搬費をしっかり確認してくださいね。


    もし「やっぱり同じ日に新居で古い冷蔵庫を引き取りをしてもらいたいな…」という場合は、古い冷蔵庫を新居に運ぶ必要が出てきます。

    その場合は、引越し業者に見積りを取って、冷蔵庫を運ぶ場合は料金がいくら上乗せになるのか確認しましょう。

    引越し前の住所に電気店に取りに来てもらう方が、古い冷蔵庫を引越しさせるより運搬費が安いこともあるのでしっかり確認してくださいね。

    私の友達が引越しした際、冷蔵庫を引っ越しの荷物に入れても入れなくても引越し料金が変わらなかったので、古い冷蔵庫を新居に運んでもらって、新しい冷蔵庫と入れ換えに古い冷蔵庫を電気店に持って帰ってもらったと言っていました。


    自分で指定取引場所へ持ち込む


    古い冷蔵庫を新居にわざわざ運ぶのはイヤだな…という場合、自分で自治体の指定引取場所に持ち込むことで処分できます。

    その場合は、前もって郵便局で家電リサイクル券を購入して料金を払い込み冷蔵庫とリサイクル券を指定引取場所へ持って行ってください。(※郵便局では手数料が必要です)

    この場合は、冷蔵庫を自分で運ばないといけないので、労力はけっこう必要になりますが、運搬費は不要で必要なのはリサイクル料金だけになり、安く冷蔵庫が処分できる方法です。

    最寄りの指定取引場所がどこにあるのか分からない場合は、自治体に問い合わせると教えてもらえます。また、自治体のHPやゴミの捨て方ガイドブックなどにも載っているので、HPやガイドブックを確認してみてください。


    引越業者に依頼する



    最近は、リサイクルが必要な家電の処分を代行する引越し業者が増えています。

    リサイクル料金と運搬費は必要になりますが、電気店と比較して引越し業者の方が安ければ、古い冷蔵庫を新居に運ぶ必要もないのでラクですね。

    費用は地域によっても異なるのと、引越し業者によってサービスの内容も異なるので、引越し業者にしっかり確認してください。

    例えば、アリさんマークの引越社では「家電リサイクル券」を取り扱っています。前もって郵便局に振込に行く手間がはぶけて助かりますよね。

    また、クロネコヤマトは、冷蔵庫などの不用品買取サービスをしています。正常に動く比較的新しいもの(製造から5~6年程度?)であれば、買取の対象になるそうです。

    買い取ってもらえたらリサイクル料金と運搬費が要らなくなる上に、もしかするとプラスになるかもしれないので、これも魅力的なサービスですね。


    ネットオークションなどで売る


    冷蔵庫がまだ正常に動く場合は、ヤフオクやメルカリなどのネットを利用して売ることができます。ただ、自分で梱包して発送しないといけないので、冷蔵庫の場合は難易度が高めです。

    現在、ヤフオクに出品されている冷蔵庫をリサーチしてみましたが、出品しているのは個人ではなく、リサイクルショップなどが多い印象です。

    たくさん入札されているのは、単身用タイプの小さめの冷蔵庫で、製造から1~4年の比較的新しいものが人気のようです。

    出品してみないと分からない部分もありますが、「うちのはもう7年も使っている…」というような場合は、落札されるのはちょっと難しそうですね。

    オークションやメルカリ以外に、メルカリアッテやジモティーなど、対面で取り引きできる方法もありますので、そういうものを利用する手もあります。

    この場合は、梱包して発送する手間がなくなるので、大型の家電には向いている方法かもしれませんね。


    リサイクルショップに買取してもらう


    オークションなどと同じで、新しい物でないと買取はなかなか厳しいですが、正常に動く比較的新しい冷蔵庫の場合は、査定してもらうといいですね。

    冷蔵庫をわざわざ持っていくのは大変なので、出張査定をしているリサイクルショップがあれば依頼してみましょう。

    私の住んでいる地域は、ブラジル人の労働者がたくさん住んでいるのですが、リサイクルショップでかなり傷んだ印象のカラーボックスを100円で買っているのを見たことがあります。

    地域差もありますが、古い冷蔵庫でも値段によると案外需要があるかもしれませんね。

    この方法は費用がかからないので、冷蔵庫を無料で処分できる方法になるんです。それに、上手く行けばちょこっとお小遣いが入ってくるかもしれないですね!


    不用品回収業者は要注意


    家の近くの空き地で「無料回収」の看板が上がっていたり、軽トラックなどで「なんでも回収します」とアナウンスしながら、町中を回っている業者がいませんか?

    こういう業者に冷蔵庫の引き取りを依頼すると、格安で引き取ってくれたりすることがあります。

    電気店などに頼むと最低でも5000円程度はかかるので、格安で引き取ってもらえるとラッキー!と思ってしまいますが、こういう業者は許可を受けていない違法な業者の場合が多いんです。

    こちらの動画で分かりやすく説明されているので、ぜひご覧ください。

    <経済産業省>3分アニメでわかる家電リサイクル法

    冷蔵庫を引き取ってもらうには、業者が「一般廃棄物処理業」の許可を受けている必要があります。

    この「一般廃棄物」というのが大事で、「産業廃棄物」の許可では、冷蔵庫などの家電4品目は扱えないので、気をつけてくださいね。

    違法な業者に依頼すると、壊れていないものは中古品として海外に輸出したり、部品だけを取るために不適正な処理がされて、フロンガスや鉛などで環境を汚染する原因になることもあります。

    なので、もしもこういう業者を利用する場合は、自分も違法行為の手助けをしていることになるので注意してくださいね。また、後から高額請求されたり…など、金銭的なトラブルも実際に多いので要注意です。


    スポンサーリンク


    処分費用の相場はいくら?


    冷蔵庫を処分する場合、必要な費用は リサイクル料+運搬費 でしたね。

    リサイクル料は家電リサイクル法で決められているので、基本的にどこで依頼しても同じ金額を支払うことになります。

    リサイクル料はメーカーと家電のサイズによって設定が違うので、特に持ち込みで処理する場合は、しっかり確認してから郵便局で支払ってください。

    トータルの費用は「運搬費」がどれくらいかかるかで違ってきます。

    日本のメーカーの冷蔵庫の場合、171リットル以上のものは 4300円+消費税=4644円 のリサイクル料になるのがほとんどです。

    同時リサイクルの運搬費(同日・同一住所で) 同時リサイクル以外の運搬費
    ヨドバシカメラ 540円 2700円
    ヤマダ電機 1080円 2700円
    ケーズデンキ 1000円~ 不明
    ビックカメラ 1500円 不明


    主な家電量販店の運搬費をまとめてみました。

    表の運搬費にリサイクル料を足したものが処分費用になるので、電気店での相場は同時リサイクルで6000円前後です。

    ただ、運び出しが2階からだったりすると追加費用が必要になることもあります。

    また、処理業者に引き取ってもらう場合は、運搬費がもう少し高いことが多いので、8000円程度を見込んでおいた方がよさそうです。


    冷蔵庫のサイズの確認方法


    リサイクル料金の基準になるのが冷蔵庫のサイズ。この場合は容積のことを指しています。

    サイズ(容積)は、たいてい上の段の扉を開けた内側に、画像のような緑色のシールが貼ってあり、そこに表記されています。



    上の画像のように、我が家の場合は「全定格内容積 401L」と表示されているので、リサイクル料は171L以上の料金4644円になります。

    メーカーによっても料金が異なるので、「家電リサイクル券センター」の料金表で確認してください。


    まとめ


    今回は引っ越しを機に冷蔵庫を買い替える場合の、古い冷蔵庫の処分方法をまとめてみました。

    処分の仕方はいくつかありますが、一番ラクで料金も比較的安く済むのが、新しい冷蔵庫を購入する電気店で、新品が納品されるときに、古い冷蔵庫を一緒に引き取ってもらう方法です。

    ただ、「同じ日に同一住所で」という条件があるので、その点は注意してくださいね。

    引っ越しには何かと費用かかかるものなので、少しでも安く冷蔵庫を処分したいと思うので、参考になさってください。


    余談ですが…、我が家が今の家に引っ越す際、13年ほど使っていた冷蔵庫の買い替えを検討しました。

    新築への引っ越しだったので、できれば新しい冷蔵庫が欲しかったのですが、引っ越しには何かとお金も必要で、「まだ動くしもったいないな~」と思い、冷蔵庫はそのまま使うことにしたんです。

    すると2ヶ月もしないうちにその冷蔵庫が壊れてしまい、結局新しい冷蔵庫を買い替えることになってしまいました。

    しかも急に壊れたので、夕方慌ててケーズデンキに買いに行ったものの、納品は2日後。

    その間、母や友達にクーラーボックスと保冷剤を持ってきてもらったり、外食したり。結局、捨てるしかない食材も出てきて、けっこう大変な思いをする羽目に…。

    これなら引っ越しの時に新しいのに買い替えれば良かった…とちょっと後悔したのでした。


    最後まで読んでいただき、ありがとうございましたm(_ _)m


    スポンサーリンク

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ