小学校の家庭訪問のマナーとは。話すのは玄関先?リビング?

スポンサーリンク


小学校が始まると、
たいてい4月末から5月中ごろに
家庭訪問があります。

初めてだと
「こんな時はどうすればいいの?」と、
マナーについて悩むことがありませんか?

そこで、
家庭訪問の時のマナーについてまとめてみました。

スポンサーリンク



玄関先で話す?部屋に通す?


家庭訪問でまず迷うのが、
先生とどこで話をしたらいいの?
という場所のこと。

玄関先でいいのか、
部屋に通さないとマナーとして失礼なのか、
迷うところですよね。


家庭訪問について、
「部屋に通さない、お茶は出さない」という、
暗黙のルールがあるという地域も存在するようです。

暗黙のルール……知らなかったらと思うと、
ちょっと怖いですね(汗)


最近では、
学校からの家庭訪問のお知らせのプリントに、

「玄関先で」などと
明記されていることも多いようです。

「上がって下さい」と言っても断る先生もいますし、
同じ学校でも、先生によって対応が違う
という話も聞きます。


我が家の場合、
小学校の家庭訪問のお知らせのプリントに
「玄関先で」と書かれていたことはありません。

先生に「どうぞお上がりください。」と言うと、
断られたことはありませんでした。


でも、
プリントに「玄関先で」と書かれている場合は、
学校としては玄関でOKなので失礼にはなりません。

それでもやっぱり心配だわ……と思うなら、
「こちら(玄関)でよろしいですか?」
などと先生にひと言聞いてみるといいですよね。


場所について
何も書かれていない場合は迷いますが、
もし、先生に家に上がって欲しくないのであれば、
無理して部屋に通さなくてもいいと思います。


そういう時は、

「ここ(玄関)で話をさせてもらってよろしいですか?」

と聞いてみましょう。


先生が「いえ、家に上がらせてください。」
とは言わないと思います、多分。
(そんな先生がいたらゴメンナサイ)


でも、念のため、
部屋に上がってもらうことがあるかもしれないと思って、
ある程度の掃除や片付けは
しておいた方がいいとは思いますが……。


ちなみに、私の友達には
「家に上がってもらうけど、掃除も片付けもしない。
ありのままを見てもらう」
というツワモノ(?)もいますよ。


家に上がってもらっても大丈夫と
思えるのであれば、
部屋にお通しするのが一番です。


その方が落ち着いて話ができますよね。

スポンサーリンク



部屋に通す場合の座る位置は?


家庭訪問で先生を部屋にお通しする場合、
「どこに座ってもらうか」も迷うところです。

この場合、
先生は「お客様」と考えて、
上座に当たる席に案内するのがマナーです
よね。

親しい仲でも、わが家に来た人に、
わざわざ下座に当たる場所に座ってもらう人は
誰もいないはず。


この時、「こちらにどうぞ」と先生に声をかけると、
先生も迷わず案内された場所に座れます。

「お好きなところに」なんて言われると、
先生も「どこに座ったらいいの?」と、
内心ドキドキするかもしれません。


ここで参考までに「上座」の考え方ですが、
基本的に入り口から一番遠い場所が上座になります。

入り口の位置や床の間の位置などで、
上座に当たる場所は変わるので、
判断が難しい間取りもあるようですが……。


我が家には客間にあたる和室がないので、
先生をお通しするのは
リビングダイニングになります。

リビングの机で正座してもらうより、
ダイニングテーブルでイスに座ってもらう方が、
お互い足がラクだと思うので、
ダイニングテーブルのイスに座ってもらいます。


一応、上座を意識して、
入り口から遠い方のイスに座ってもらいますが、
あまり細かいことは気にしていません。


玄関先ならどうやって話す?


122574
学校からのプリントに「玄関先で」
と書かれていた場合や、

家には上がってほしくないので、
こちらから「玄関で」と指定した場合は、
さて、どうやって話をしましょうか?

立ち話?座ってもらう? 

どちらか迷うところです。


玄関の形状にもよると思いますが、
玄関に段差があるのなら、
そこに座布団を敷いて座ってもらうと、
先生もラクですよね。


短い時間だと立ち話でも大丈夫かもしれませんが、
立ち話って、けっこう落ち着かないんです。


わが家の長男が通っていた幼稚園では、
家庭訪問のお知らせに
「一人10分程度ですので玄関で」
と書かれていました。

その頃はアパート住まいだったので、
玄関は狭く、座ってもらう段差もないので、
本当に先生と立ち話で終わりました。

でもその時は
「なんだか落ち着かないなぁ……」
と思いながら話しましたが、
10分間がやけに長く感じたものです。



まとめ


家庭訪問でのマナーとして、
これが正解!というものはないので、

常識の範囲で失礼にならないように、
人を家に迎えるという気持ちで
準備すれば良いですね。



学校によっては、
ひとり10分程度しか話をできない場合もあります。

そんな場合は家に上がってもらったりしていると、
せっかくの時間が短くなってしまいますよね。


最近は、家の場所を確認するのがメインの目的で、

保護者と話をするのは、
家庭訪問のメインの目的ではない
……という学校もあるようです。


ひとことで家庭訪問と言っても、
学校、先生によって、色んなパターンが存在します。


わが家の場合は、
一応部屋に上がってもらうということを前提にして、
見られて恥ずかしくない程度に
掃除と片付けをしています。


でも、地域や学校のカラーなどでも
違いがあるのが現状なので、

「これで大丈夫かな?」と心配なら、

先輩ママさんに「去年はどうした?」と、
事前にリサーチ
しておくと安心ですね。


スポンサーリンク






コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ