にんじんのえぐみを取る方法!給食のプロ直伝の方法で苦手を克服♪

スポンサーリンク


にんじんは栄養たっぷりなので、
子供にはぜひ食べて欲しい野菜のひとつ。

特にカレーやシチューには欠かせないですよね!

スポンサーリンク



でも、独特のえぐみ苦味があって、
苦手なの……というお子さんも多くて、

子供に好き嫌いを無くして欲しいママには
どうすれば食べてくれるかが悩みのタネです。


そこで今回は、

「うちの子にんじんが苦手なの……」

とお悩みのママに、

にんじんのえぐみや苦味を
簡単に取る方法をご紹介します♪


にんじんのえぐみを取る方法


にんじんのえぐみを取る方法



用意するものは、

・にんじん
・塩


たったこれだけです(笑)


やり方もめっちゃ簡単です!

①にんじんを好みの大きさに切る
②ボウルなどに入れる
③塩もみをして5分~10分ほどおく
④塩を洗い流す
⑤いつもどおりに調理する



塩は全体に行き渡ればいいので、
塩の量は目分量で大丈夫ですが、

私はにんじん1本~2本に対して、
だいたい小さじ1/4~1/3くらいを使っています。


塩もみは、本来はキュウリの薄切りや
切った白菜などに塩をもみ込み、

野菜をしんなりさせて、
出てきた水分を絞る調理法をいいます。


今回の方法は、
野菜をしんなりさせるのが目的ではないので、
水分を絞る必要はありません。


手で塩をまぶすように混ぜ、
>塩がにんじん全体に行き渡ったらOKです。

5分~10分ほど置いて、
水で塩を洗い流したら完了!

ね、簡単でしょ♪



この方法は、給食の調理員をしている
先輩ママが教えてくれた裏ワザなんです。


この方法でえぐみを取って
普段通りにカレーを作ったのですが、

にんじんがとても美味しくなって
ビックリしました。



実は私自身、それほどにんじんが好きでは
なかったのですが、

にんじんって、こんなに美味しかった?
と思ったくらいです。


それに、にんじんって独特のザラッとした
食感がありますよね?

それが無くなって、
とてもなめらか~な食感になりますよ。



最後に


この方法でえぐみを取ると、
きっとお子さんもにんじんを食べてくれるはず!


今回のえぐみを取る方法は
煮込み料理向きの裏ワザなので、

カレー、シチュー、肉じゃがなどに
にんじんを使う時は
ぜひ試してみてくださいね♪

お子さんのにんじん嫌いが
克服できるといいですね!


こちらの記事もおすすめです
 ↓ ↓ ↓
カレーの隠し味!プロ直伝のレシピでびっくりな美味しさに♪
玉ねぎを切る時に涙が出ない方法とは?原因を知って対処しよう!



スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ